不動産取引・宅建士試験

不動産取引・宅建士試験

業務管理者移行講習とは?賃貸不動産経営管理士がお話します!。

国土交通大臣の登録を受けた賃貸住宅管理業者は、その営業所又は事務所ごとに1名以上の「業務管理者」を選任することが必要です。 この業務管理者は、一定の資格者でなければなりません。 正確にいうと ①管理業務に関し2年以上の実務経験...
不動産取引・宅建士試験

土地の決済あたり、なぜ司法書士さんに委任するのか。

こちらの記事で、土地の決済についてご案内をしています。本記事では、なぜ、司法書士が出てくるの?という点について、詳しく解説します。なお、法律の根拠条文は省略します。 土地を、確定的に取得するために 土地代金の決済とは、のところ...
不動産取引・宅建士試験

【実体験】土地の代金決済を行いました。地主になりました【流れを解説】

先日の土地売買契約書の取り交わしを踏まえて、土地代金決済を行いました。 管理人は普段、宅建士としても仕事をしていますので、日常業務の中で頻繁にお客様の代金決済も、サポートしています。 この記事では、管理人自身の実体験を交えつつ...
不動産取引・宅建士試験

【実体験】土地の、概算書見積書を受け取りました【新築計画】

みなさん、家を建てる土地をお探しのときには、まず立地、そして価格、それから大きさ、現在の状況などを考慮しながら、土地を選んでいかれると思います。 そして、具体的に「ここの土地とここの土地を検討したい!」と思われた場合には、その土地を...
不動産取引・宅建士試験

宅地建物取引士試験のおすすめ予備校は?まず検討してほしい通信タイプの予備校を特徴別に紹介します!

独学ではなく、資格試験予備校の利用をおすすめしています 宅建士試験を受験する決意をされた方が次に検討するべきは、勉強方法です。 独学という手段もありますが、管理人は資格予備校を利用することをすすめています。 資格予備校で...
不動産取引・宅建士試験

登録実務講習とは?現役宅建士がお話します!

宅建士の登録実務講習を受講する方も多いと思います。 しかし、いまいち登録実務講習で何をするのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、登録実務講習の概要を説明するとともに、講習についての周辺知識...
不動産取引・宅建士試験

現地調査のポイントをやさしく解説/実務について間もない方向け

不動産物件の売主・貸主からのヒアリングを終えたら、現地調査に向かいます。 この記事では、現地調査のポイントをお話します。 現地調査にあたっては、以下の物品を用意しておきましょう。 現地調査の際に持っていくもの ・カ...
不動産取引・宅建士試験

売主・貸主からのヒアリングをやさしく解説/実務について間もない方向け

不動産の売買、賃貸の取引は、売主・貸主、または買主・借主からのヒアリングによってはじまります。 この記事では、売主・貸主(以下、顧客といいます)からのヒアリングについて、いくつかのポイントをお話しします。 最初のヒアリングの機...
不動産取引・宅建士試験

宅建登録講習とは?現役宅建士がお話します!

宅建士試験は毎年、10月に行われます。 こちらの記事でも紹介していますが、合格率を高めるために、可能な方は4月から行われる宅建登録講習を受講してください。 この記事では、宅建登録講習の概要を説明しています。 ...
不動産取引・宅建士試験

中古住宅の選び方/「安心R住宅」という新たな選択肢

おすすめな中古住宅の選び方の、結論 「安心R住宅」から検討してください。 なぜなら耐震性があり、建物の調査が行われ、情報提供もある物件だからです。 (ただし、現時点では登録物件が少ない現状です。...
タイトルとURLをコピーしました