プレイ・アロングの歌詞にも出てくる!内容理解のために抑えておきたい日常の英語・品詞(単語の分類)/ご家族様向け

ディズニーの英語システム・子育て

少しだけ、英語を復習してみませんか

DWEの教材は、お子さんに英語を英語のまま理解・習得できるように設計されています。

しかし管理人は、はるか昔に英語を英語として理解する機会を失ってしまいました。

どうしても、日本語ベースで英語を理解してしまいます。

また、英語学習をしていたのは学生時代ですので、かなり記憶があいまいです。

この記事では、プレイ・アロングの歌詞にも取り入れられている日常の英語をいくつかピックアップし、解説しています。

せっかくDWEを購入されたのですから、管理人と一緒に、少しだけ英語を復習してみませんか。

お子さんから「これはどういう意味?どういうときに使うの?」と聞かれたとき、自身をもって答えられるかもしれません。

また、もっとプレイ・アロングがもっと好きになるかもしれませんよ。

以下では、複数の意味をもつ表現であっても、最も中心的なイメージ(核となる意味)を記載しています。

名詞:Noun

名詞とは、物の名前の言葉でしたね。

mommy:おかあさん(幼児のことば)

daddy:おとうさん(幼児のことば)

bellybutton:おへそ

inside:内側

動詞:Verb

動詞とは、動作や状態を表す言葉でしたね。

look:視線を向ける

listen:注意して聞く

like:好む

wash:洗う

splash:バシャッと水をかける

bounce:はねる

hop:ぴょんっと飛ぶ

clap:拍手する

throw:投げる

hug:抱きしめる

pour:注ぐ

drip:ぽたぽたと落ちる

spread:広げる

share:分けあっこする

助動詞:Auxiliary verb

助動詞とは、動詞に〈話し手の考えを付け加えて〉意味を広げ、表現する言葉でしたね。

S can 〜 : Sは〜できる

形容詞:Adjective

容詞とは、名詞を修飾する言葉でしたね。

little:小さい

fast :はやい

slow:遅い

wiggly:くねくねした

副詞:Adverb

副詞とは、動詞や形容詞を修飾する言葉でしたね。

up:上に

down:下に

little:ほとんど〜ない

fast:急いで

slow:ゆっくりと

apart:別々に

together:一緒に

前置詞:Preposition

前置詞とは、名詞の「前」におき、形容詞や副詞をつくる言葉でしたね。

ここでは、いくつかの前置詞を記載します。

in:〜の中で(空間や時)

to:〜に(方向)

into:〜の中に(空間や事柄)

on:〜くっついている状態で

over:〜の真上に

between:〜のあいだで

不定詞:Infinitive

不定詞とは、〈to + 動詞の原形〉で、名詞・形容詞・副詞のさまざまな役割を果たす表現でしたね。

like to 〜 / 〜するのが好き

いろいろな表現

その他、いろいろな英語の表現を記載します。

There is / There are : 〜があります。(〜存在します。)

Here is / Here are:これが〜ですよ。 / これらが〜ですよ。

Where is 〜 ? / Where are 〜 ?:どこに〜がありますか(どこに〜が存在しますか?)

Do you 〜?:〜ですか?

S is 〜ing:Sが〜している(現在進行形)

あっという間に40単語!

ここまでで、あっという間に40の単語を復習することができました。

別の見方をすると、お子様もあっという間に40単語に触れていることになります。

繰り返しプレイ・アロングを楽しむ中で、記憶にも定着していくはずです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました