中古住宅の選び方/「安心R住宅」という新たな選択肢

不動産取引・宅建士試験

おすすめな中古住宅の選び方の、結論

「安心R住宅」から検討してください。

なぜなら耐震性があり、建物の調査が行われ、情報提供もある物件だからです。

(ただし、現時点では登録物件が少ない現状です。)

中古住宅は選ぶのが難しい

中古住宅の選び方には、色々な視点が必要になります。
たとえば
・建物の土台は大丈夫か、雨漏りなどが起きていないか
・建物の建築年数や構造はどのようなものか
・建物の耐震性はどうか
・過去にどのような改修がなされたか
などの視点です。

そして、建設や不動産取引のお仕事をされている方でないと、判断が難しく、扱いにくい情報だと思います。
だからこそ購入される方は、信頼できる建築士や宅建士による意見を重用されます。

しかし信頼できる専門家が、状況によっては、その物件についてアドバイスできるかどうかわかりません。

忙しくて手が空いていないかもしれませんし、手が出せない物件かもしれません(専属専任媒介契約)。

また中古住宅はどれも「世界に一つ」であり、購入の候補に入る物件をすべて自分自身で検討するのは、とても大変な作業です。

このような事情も、新築信仰が存在する理由となっていると思料します。

安心 R 住宅制度の創設

しかし 2018 年 4 月より、新しい中古住宅の選び方として、国交省により「安心R住宅」の制度 がスタートしました。

この制度は今後の中古住宅流通に、「安心R住宅」か「安心R住宅でない住宅」か、という指標を うち立てたものになります。

これから中古住宅を買おう!という方にとっては、物件選択の最初の振り分け方法になると考え てください。

安心 R 住宅とは 安心R住宅は、中古住宅で懸念される

・中古住宅は汚い:内外装が汚い、設備が古いのでは?
・中古住宅は不安:耐震性や雨漏り、設備が老朽化しているのでは?
・中古住宅はわからない:情報が少ないのでは?
というようなポイントを、解決する住宅です。

どのように解決するかというと
・インスペクション(建物状況調査など)
・既存住宅売買瑕疵保険の検査基準への適合確認
・建築時の適法性や、維持保全の経緯などの情報の開示
を行うことによって、解決します。

これらが、行われた住宅には「安心R住宅」というラベルがつけられます。

言い換えると、「ある程度安心して購入できる条件を満たした住宅」だけが、「安心R住宅」と名 乗れるのです。

ぜひみなさんも、中古住宅を選ぶならまずは「安心R住宅」から検討、ということを覚えていただきたいと思います。

安心R住宅の探し方

大手の不動産ポータルサイトの、検索バーに「安心R住宅」と入力しましょう。 特に下記の 2 社は、国内最大手といっていいポータルサイトです。

・https://suumo.jp/
・https://www.homes.co.jp/

宅建士の実務としてはどうか

実は、安心R住宅のラベルを獲得するのは、手間がかかります。
しかし、手間をかけてでも、お客様に安心して購入いただける制度です。
今後、積極的に扱いたい物件と考えています。

もっとくわしく知りたい方のために

国土交通省のこちらのページに、「まんがでわかる!安心R住宅」が掲載されています。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000038.html

管理人も、このまんがを研修会でいただきました。

大変わかりやすい内容になっていますので、ぜひごらんになってください。

安心R住宅がない!そんな時は?

安心R住宅を選ぶというのが、おすすめな中古住宅の選び方であるということはお伝えしました。

しかし、自分が住みたい地域に売りに出ていない!ということが多いと思います。

そんなときは、次の基準を使ってください。

すなわち、

昭和56年(1981年)6月1日以降に、建築されていること。

これがどのような意味を持つかというと、このタイミングで建築基準法が改正され、耐震性について高い基準を求めるようになりました。

このタイミング以降に建築された物件は、古い基準よりも厳しい基準の耐震性条件をクリアしている、ということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました