営業職の方、ウデの毛、どうしていますか?

ライフハック・趣味

男性の脱毛が一般的になってきた昨今、みなさまも、ご自身のこととして考えられたことがあるかもしれません。

脱毛といえば、アゴ周りのヒゲ脱毛が最初に想起されます。

では、その次に多くの視線を集めるのはどこの毛でしょうか?

それはおそらく、ウデの毛です。

お客様と名刺交換する時、あるいは契約書を開いてお客様に説明する時など、お客様の視線が自分の手元にうつることは多いです。

そして、ウデの毛って、放っておくと意外と長く伸びたりしませんか。

私の場合、5ミリ程度はあるような気がします。

じっと観察してみると、1センチ位あるような背の高いのもあるようです。

ここでは現役営業マンである管理人が行っている、ウデの脱毛についてお話しします。

なんだか書くのも恥ずかしいような記事ですが、匿名ブログなので思い切って書くことにしました。

お家でのお手入れの参考になれば、幸いです。

使用しているアイテム

管理人は、シェイパーとバリカンを使って、ウデの脱毛を行っています。

使用しているシェイパーは、ミュゼコスメのシェイパーです。

(画像引用:https://museecosme.com/products/detail.php?product_id=36)

使用しているバリカンは、PHILIPSのバリカンです。

紹介したアイテムの具体的な使用方法

シェイパーの使用方法です。

まず手を洗い、水分をふき取り、乾燥した状態にします。

この段階で、毛は柔らかくなっています。

指先から手首のあたりまで、やさしくあて、剃ってしまいます。

次に、バリカンの使用方法です。

バリカンは、手首から肩のあたりにかけてまで、最も短い長さの設定として、それをウデに当てて、とっていきます。

バリカンの幅で、手首から方のあたりまで直進し、とっていない隣の幅に移ってくりかえしていきます。

きゅうりの皮むきを想像していただくと、わかりやすいかと思います。

バリカンを最も短い長さの設定として脱毛を行っていくことで、自然な毛の生え方に見えます。

全く毛がないよりは、バリカンで若干毛が生えている程度の方が、自然のように見受けられます。

ただ上記のやり方は1つポイントがありまして、生えている毛が細く、柔らかい方向けの方法です。

毛が太く、ある程度しっかり生えている方は、バリカンで短く買ったとしてもなんだかチクチクして痛い、というようなことがあるかもしれません。

毛が太く、ある程度しっかり生えている方には?

毛が太く、ある程度しっかり生えている方には、脱毛ワックスや脱毛クリーム、または男性脱毛(エステ)を利用されることをおすすめします。

管理人は近々、思い切って男性脱毛(エステ)にも行ってみようと思っています。

その際には、また記事をアップしたいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました